ベジログ。

23歳ベジタリアン。日々の生活で、無理なく菜食を取り入れられる情報を発信します*

親バレは人気女優の最低条件か。知られざるAV女優と親の関係を描く【おすすめ 本】

『うちの娘はAV女優です』(アケミン 著)を読みました。

 

うちの娘はAV女優です (幻冬舎単行本)

うちの娘はAV女優です (幻冬舎単行本)

 


「AV女優と親との関係性」にスポットを当てた本書。
純粋に、娘がAV女優になるってどういうことなんだろう…と気になり読んでみました。


業界用語で親にバレることを「親バレ」といい、ほかにも「彼バレ」「夫バレ」「子どもバレ」などがあるそう。


なぜ娘のAV女優を容認したのか?それともせざるを得なかったのか?
月並みな感想ですが「様々な家族の形がある」と心底感じます。

そしてAV女優、少なくともこの本に登場する女優はたくましく確固たる信念を持ってAV女優という仕事を選んでいるのだと痛感させられました。

 

《目次》

 

f:id:mrchicken:20170413140352j:image

(出典:https://goo.gl/images/yTQjM3

 

◼️著者 アケミン氏

アケミン@「うちの娘は〜」発売中 (@AkeMin_desu) on Twitter


大学を卒業したのちAVメーカーに就職、現在はフリーライターとして活躍。その人脈を生かしこれまでAV女優へのインタビューや男性誌への連載を担当。

 

まず本書で知って驚いたのが、AV業界の人は賃貸物件の入居審査に不利だということ。なんと脱ぐことのないアケミンさん自身もマンションの入居審査に落ちたというから驚き。

 

そんな露骨に「社会との壁」を感じる業界にいながら、それを「親が応援してくれている」という女優がいることに驚いたことがインタビューのきっかけになっているそうです。


◼️10人の親公認AV女優

f:id:mrchicken:20170413141528j:image

本書では、10人の「親公認AV女優」にインタビューを行なっています。
そして、インタビューの中でキーワードとなるテーマを「コラム」で 著者自身の視点から掘り下げていきます。

 

 〈※コラム一覧〉

♦︎「親公認AV女優」を生む環境の変化

♦︎AV女優になれば2ヶ月で100万円を貯められるのか

♦︎AVアイドルユニットの存在が親への説得材料になる

♦︎AV女優へのきっかけはノリ

♦︎性の求道者たち 

 

また一般に抱かれるAV女優になる理由として、 

  • 家庭的問題がある
  • 多額の借金の返済
  • 小遣い稼ぎ
  • アイドルになりたい大人に騙された

…などがあるのではないでしょうか。少なくとも僕はそういうイメージを抱いてました。

 何にせよポジティブな理由が語られることはあまりないです。

 

それは一部合っていて一部間違っていました。もちろん女優の数だけ脱ぐ理由は様々ですが、それはネガテイブなものだけでは決してないんです。

 

本書に登場する10人だけでも文字通り「十人十色」で、 

  • 17歳で一家の大黒柱として稼ぎ頭になった
  • ノリでAV女優なった
  • S●Xがしたいから
  • 中学時代からAV女優に憧れていた
  • 48歳まで、ずっと真面目に生きてきて「何か残したい」という思いでデビュー

 など本当にさまざま。


◼️どれだけ知ってますか?AV業界のこと。

f:id:mrchicken:20170413141618j:image
大半の男性はAV動画を見たことがある中で、業界について詳しく知っているという人はそういないのではないでしょうか?
そういう僕自身も知らないうちの一人です。

 

この本を読めば少なくとも、「カメラの前で行為を行っていればいいだけ」というものではないことがわかります。

カメラの前でセックスをすればAV女優になれるわけじゃない。撮影現場から営業、流通、マネジメント……多くの大人たちが動いていることを知ってはじめて「一人の女の子」が「AV女優」になっていくということだ。(本文より引用)

 

また、読み進める中で業界の仕組みにも触れられます。

例えば知っていましたか?同じAV女優にもヒエラルキがあることを。

「単体」「企画単体」「企画」と三つの階層があるそうです。(ちなみに有名女優の明日花キララさんや吉沢明歩さんは「企画」に属する)
それにより契約形態やギャラの支払われ方まで変わってきます。

 

こういう普段知ることない業界の知識も知ることができます。


◼️おわりに

 いかがでしょうか。ぜひ普段知ることのない、知ろうと意識していなかった世界を覗いてみてください!

 

うちの娘はAV女優です (幻冬舎単行本)

うちの娘はAV女優です (幻冬舎単行本)